12月になりましたね。
暖かい11月だったので、今日もまだ黄色いきれいな葉を付けている銀杏の木がありました。
そろそろ本格的な冬支度を。

最近は、帰宅してまず一番に湯たんぽ用のお湯を沸かします。
4〜5年ぶりに陶器の湯たんぽを追加購入したので、2個持ちです。



陶器の湯たんぽとカバーのセット

1つは布団を暖めておく用。
もう1つは足元に置いてブランケットを掛けて、こたつ代わりに。
リバーシブルカバーは、全面チェック柄になるように使用しています。

ブリキやポリ容器の湯たんぽも使用したことがありますが、
(会社では膝にのせられる小さなポリ容器の湯たんぽを使用しています。)
陶器の湯たんぽの温かさは抜群です!
熱湯を注いでいるので朝まで温かく、布団から出たくなくなるくらいです。

注)就寝時はカバーをしていても体に直接触れないように使用しています。
  以前、朝起きたら手の甲に水疱が!低温火傷をしていたことがありました。
  温かいのでついつい抱えたくなりますが、それ以来注意しています。
  



注ぎ口ぎりぎりまでカバーをしておくと、熱湯を入れても触れるので、持ち運びしやすいです。
すぐに蓋をするとブジュブジュ漏れてくるので、少し湯気を逃がしてから蓋をするのがコツ!

陶器の湯たんぽにお湯を注いだ時の、なんとも言えないトクトクトク・・という音が好きなんです♪

昔から長く使われている物ってやっぱり凄い!!
今年の冬は綿入れ袢纏も購入して、ぬくぬく過ごそうと思っています。

R