9月のある朝、徒歩通勤中にいつもと少し違う道を通った時の事。
信号待ちをしていた横断歩道の先に気になるものが。


ん?何の印かな??


これは!!
『ひろしま男子駅伝』の!※正式名称:天皇盃 全国都道府県対抗男子駅伝競走大会
ここが7区10キロ地点なんだ〜!!

帰りにここを通る事は何度かあったのですが、これは反対方向からじゃないと気付かない場所にある印でした。
と、言うことは、広島市内のコース沿いにはこのような印がたくさんあるのかも。


12月のある朝、再び通ってみると看板が増えていました。
一ヵ月以上も前から徐々に準備をされているんですね。
スタート/フィニッシュ地点の平和大通りにはバナーも取り付けられています。

この男子駅伝、中学生から社会人選手が襷を繋ぎます。
毎年1月2日〜3日の箱根駅伝(正式名称:東京箱根間往復大学駅伝競走)で活躍した大学生選手も、地元の県代表で出場されていますよ。
大学生だった選手が社会人になり、地元や所属チームのある県から出場されていたり。
数年前、私の地元の中学から選出されて出場している選手がいたので、応援しました。
地元選手を県単位で応援できる競技って珍しいですよね。


今年のポスターの中心には、昨年優勝した福島県代表でアンカーの相澤選手。
昨年も今年も箱根駅伝で活躍されたので、楽しみです。

広島で開催されるので毎年見ている男子駅伝ですが、ふと、広島以外の駅伝ファンの方はテレビで見るのかな?どこで応援されているのかな?と疑問がわきました。
私は「今、あの辺り!」と、見慣れた街中を走っているのが見られるので、沿道ではなく毎年テレビで応援しています。
平和大通り緑地帯では各県のご当地グルメコーナーもあり、楽しめるようです。

あしたも晴れますように。

R