Recent Posts

洗濯洗剤海へ…

卸担当の大石です。
大切な衣類は、洗濯洗剤海へ…で洗っています。

ラベンダーの優しい香りで落ち着きます。

血液がついてしまった時は、直に塗り込み、しばらく置いてから
冷たいお水で洗うと汚れが残りにくいです。

汗をたくさんかいた日は、溶かしたクエン酸を足して、ニオイ予防に。
しっかり洗いたい時は重曹を足して、お水の温度を上げて洗っています。

柔軟剤を入れなくても、衣類がふんわり仕上がるので、肌がチクチクしにくいです。

非常時にすすぎ無しでも使えるので、断水した時にあると安心です。
自分の家にも、実家に常に置いています。

洗濯洗剤海へ…
詰替サイズもございます。

http://marru.net/?pid=128822940


 

冬の必需品

12月になりましたね。
暖かい11月だったので、今日もまだ黄色いきれいな葉を付けている銀杏の木がありました。
そろそろ本格的な冬支度を。

最近は、帰宅してまず一番に湯たんぽ用のお湯を沸かします。
4〜5年ぶりに陶器の湯たんぽを追加購入したので、2個持ちです。



陶器の湯たんぽとカバーのセット

1つは布団を暖めておく用。
もう1つは足元に置いてブランケットを掛けて、こたつ代わりに。
リバーシブルカバーは、全面チェック柄になるように使用しています。

ブリキやポリ容器の湯たんぽも使用したことがありますが、
(会社では膝にのせられる小さなポリ容器の湯たんぽを使用しています。)
陶器の湯たんぽの温かさは抜群です!
熱湯を注いでいるので朝まで温かく、布団から出たくなくなるくらいです。

注)就寝時はカバーをしていても体に直接触れないように使用しています。
  以前、朝起きたら手の甲に水疱が!低温火傷をしていたことがありました。
  温かいのでついつい抱えたくなりますが、それ以来注意しています。
  



注ぎ口ぎりぎりまでカバーをしておくと、熱湯を入れても触れるので、持ち運びしやすいです。
すぐに蓋をするとブジュブジュ漏れてくるので、少し湯気を逃がしてから蓋をするのがコツ!

陶器の湯たんぽにお湯を注いだ時の、なんとも言えないトクトクトク・・という音が好きなんです♪

昔から長く使われている物ってやっぱり凄い!!
今年の冬は綿入れ袢纏も購入して、ぬくぬく過ごそうと思っています。

R

 

竹布 癒布シリーズ

卸担当の大石です。
毎年冬は、竹布の癒布シリーズを上下着て過ごしています。
おととし広島に引っ越してきて、寒さにびっくりしたのですが、お陰であたたかく過ごせました。

竹布は柔らかく、重ね着しても、締め付けられず、着ぶくれしないのが助かります。
また、肌の水分が奪われてカサカサにならないのも嬉しいです。
もともと、静電気の量がかなり多い体質です。
竹布を着ていると、静電気に悩まされる事が無いので手放せません。

竹は繊維構造がコットンと違い、空洞がありません。
空洞が無い分、水をよく吸います。

薄手のものは乾くのが早いです。
厚手のものは使用している糸の量がとても多いので、乾くのにちょっと時間がかかります。
寝室で干すと、乾くのが早い上、乾燥対策にもなるのでオススメです。

 

竹布カテゴリーです
https://marru.net/?mode=cate&cbid=2016427&csid=0

先日ありがたいことに、会社でユーカリの葉をたくさんもらいました。
お風呂に入れ、さっぱりとした爽やかな香りに癒されています。
今アルコールに漬けているので、これからルームスプレーを作ろうとワクワクしています。